梶テストリサーチ
株式会社KTRでは、品質試験・性能評価以外にも、
エコマークの申請・モニター・耐久試験等、開発業務支援も行っています。

粘着試験などの品質試験・性能評価などのお問い合わせはコチラから

トップKTRニュース第108回「きのこ」について

KTRニュース

株式会社KTRへのご依頼・お問合わせは、TEL:072-997-3471
メール ktr@office.zaq.jp でも受け付けております。

過去配信済みのKTRニュース

(1) 化学物質の安全性クリックで開閉します24ニュース掲載中!
(2) 粘着剤関係クリックで開閉します13ニュース掲載中!
(3) 分析関係クリックで開閉します11ニュース掲載中!
(4) プラスチッククリックで開閉します18ニュース掲載中!
(5) 商品試験クリックで開閉します28ニュース掲載中!
(6) 化学物質の法律クリックで開閉します11ニュース掲載中!
(7) 商品の耐久性クリックで開閉します12ニュース掲載中!

KTRニュース動画

KTR youtube 株式会社KTRのYouTubeページ
チャンネル登録は↓こちらから

YouTubeで一部のKTRニュースの動画配信中!

youtube 最新回

youtube 最新回

youtube 動画配信リスト

第001回「LD50」について
第002回「ストレスクラック」について
第003回「促進試験」について
第004回「N(ニュートン)」について
第005回「製品の安全性(有害物質)」について
第012回「安全係数)」について
第013回「環境マネージメントシステム」について
第016回「可塑剤」について
第017回「水と油はなぜ混ざらないのか」
第024回「ボールタック試験(粘着性の試験)」について
第036回「CAS 番号(キャス バンゴウ)」について
第081回「in vitro(イン・ビトロ)とin vivo(イン・ビボ)」について
第083回「皮膚感作性」について
第098回「繊維製品の物性試験」について
第099回「繊維製品の染色堅牢度試験」について
第100回「防水・耐水・撥水」について
第102回「マイクロスコープ」について
第103回「粘着製品の老化試験」について
第104回「毒」について
第105回「DHAとEPA」について
第106回「皮膚刺激性」について
第107回「ポリビニールアルコール(ポバール)」について
第108回「きのこ」について
第109回「布テープの粘着力要素」について
第110回「ポリマーアロイ」について
第111回「離型紙(りけいし)」について
第112回「エコマーク」について
第113回「濡(ぬ)れ性(せい)」について
第114回「乳酸菌」について
第115回「ウレタンジェル(耐震マット)」について
第116回「大理石(だいりせき)」について
第117回「ワクチン」とは何か
第118回「酵素(こうそ)」とは何か
株式会社KTR YouTubeチャンネル

KTRニュース配信お申込み

KTRニュースは、ご希望の方に月一回程度配信させて頂いているサービスです。
KTRニュースは無料です。

お名前とメールアドレスをご入力後、配信希望をクリックして下さい。

お名前
メールアドレス
 

直接メールでも受け付けております。
メール送り先 
(メールソフトが立ち上がりますので、そのままお送り下さい。なお、必ずお名前を併せてご連絡下さいませ。)

個人情報保護

株式会社KTRでは、お問い合せなどでご提供して頂きましたお客様の個人情報を厳密に保管管理し、 弊社の業務遂行に必要な最小限の利用以外の目的には一切使用致しません。

第108回目

第108回「きのこ」について

今回は非常になじみのある「きのこ」について書きます。
キノコは日本では一般的によく食べられる食品で身近な物です。

 

(1) キノコ(Fungi:ファンギー)

キノコは菌類の仲間です。
菌類の内で、比較的大型の子実体(しじつたい)を持ったものを言うそうです。
キノコは俗称で正確な種類を表しているわけではありません。
キノコと違って、子実体を作らない菌類はカビと言われます。
子実体(しじつたい)を作り、それを通常キノコといい、食用にすることがありますが、有毒な物もあります。
キノコの代表的なものは、シイタケ、松茸、マッシュルームなどがある。


(シイタケ)

(2) 子実体(しじつたい)

菌類の菌糸が集まり、ときには変化が起こって、胞子、子嚢、担子基などを生じる器官となったものです。
これをキノコと呼んでいます。
キノコを作る菌の本体は土の中や落ち葉、材木の中に伸び広がる菌糸体であって、いわゆる外形としてとらえたキノコだけで生きているのではありません。

 

(3) 食用キノコ

食用とされる菌類の子実体(しじつたい)のことである。
子実体が肉眼的な大きさに成長した物が、いわゆるキノコと呼ばれるものです。
食用か否かは、人間にとっての毒物が含まれているかどうかである。
食用になる物は、キノコ全体の10%以下であろうと言われています。
人間が食べるさまざまなキノコのごく一部のみが、商業的に栽培、市販されています。


(ブナシメジ)

(4) 木の子(きのこ)

キノコは「木+の+子」と語源的に分析できるそうです。
茸(きのこ)と漢字で書かれます。
通常、傘状になる物を指すことが多い。
しかし、子実体を作る物はすべてキノコである。

 

(5) 菌糸(きんし)

菌類の体を構成する、糸状の構造の事です。
管状の細胞列で、体外に分泌する酵素で有機物を分解吸収することで成長し、胞子を作り繁殖を繰り返す。
キノコの本体です。


(マッシュルーム)

(6) 菌類(きんるい)

細胞が糸状に連なった菌糸や、酵母のような単細胞からなる生物です。
キノコやカビ、酵母などが含まれ、「細菌」と区別するため「真菌」とも呼ばれます。
自然界で動物の死骸や植物を分解するなどの役割があります。

 

(7) カビ

カビとは菌類の一部の姿を指す言葉です。
子実体(しじつたい)を形成しない、糸状菌の姿を持つ、菌糸からなる体を持つ菌類のことです。
多くの場合、生物の劣化や腐敗を起こし、独特の臭気を発します。
チーズなどに一部のカビが付き、タンパク質をアミノ酸に分解することにより風味をだします。
日本では、発酵により日本酒、醤油、味噌などニホンコウジカビで作られています。
また、ペニシリンはアオカビの分泌物から作られ、梅毒、淋病、破傷風、などの感染症の特効薬として用いられています。


(8) まとめ

キノコはカビと同じとはびっくりしました。
どちらも菌類だそうです。
菌類は害もありますが、非常に有用なものであることが分かりました。
土壌を調べて有用な菌類を探すことが多く行われているそうです。

このKTRニュースは皆さんに役立つように発行しています。
自由にリンクしていただいて活用してください。

KTR youtube

 YouTubeで一部のKTRニュースの動画配信中!  株式会社KTRのYouTubeページ

お問合せ、相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

KTRへのお電話はコチラから KTRへのメールでのお問い合わせはコチラから KTRへのお問い合わせはコチラから

バックナンバー

Copyright (c) KTR Corporation. All Right Reserved.