梶テストリサーチ
株式会社KTRでは、品質試験・性能評価以外にも、
エコマークの申請・モニター・耐久試験等、開発業務支援も行っています。

粘着試験などの品質試験・性能評価などのお問い合わせはコチラから

トップKTRニュース第117回「ワクチン」とは何か

KTRニュース

株式会社KTRへのご依頼・お問合わせは、TEL:072-997-3471
メール ktr@office.zaq.jp でも受け付けております。

過去配信済みのKTRニュース

(1) 化学物質の安全性クリックで開閉します24ニュース掲載中!
(2) 粘着剤関係クリックで開閉します13ニュース掲載中!
(3) 分析関係クリックで開閉します12ニュース掲載中!
(4) プラスチッククリックで開閉します18ニュース掲載中!
(5) 商品試験クリックで開閉します28ニュース掲載中!
(6) 化学物質の法律クリックで開閉します11ニュース掲載中!
(7) 商品の耐久性クリックで開閉します12ニュース掲載中!

KTRニュース動画

KTR youtube 株式会社KTRのYouTubeページ
チャンネル登録は↓こちらから

YouTubeで一部のKTRニュースの動画配信中!

youtube 最新回

youtube 最新回

youtube 動画配信リスト

第001回「LD50」について
第002回「ストレスクラック」について
第003回「促進試験」について
第004回「N(ニュートン)」について
第005回「製品の安全性(有害物質)」について
第012回「安全係数)」について
第013回「環境マネージメントシステム」について
第014回「アクリル」について
第016回「可塑剤」について
第017回「水と油はなぜ混ざらないのか」
第021回「プラスチックの見分け方(赤外分析)」について1」
第024回「ボールタック試験(粘着性の試験)」について
第026回「硬さ」について
第031回「かび」とは何か
第036回「CAS 番号(キャス バンゴウ)」について
第037回「粘着剤」について 1
第038回「界面活性剤(かいめんかっせいざい)」について
第056回「粘着テープ関係のJIS規格」について
第058回「ボールタック、粘着力、保持力の関係」について
第059回「プラスチックの見分け方(赤外分析)」について1」
第081回「in vitro(イン・ビトロ)とin vivo(イン・ビボ)」について
第083回「皮膚感作性」について
第098回「繊維製品の物性試験」について
第099回「繊維製品の染色堅牢度試験」について
第100回「防水・耐水・撥水」について
第102回「マイクロスコープ」について
第103回「粘着製品の老化試験」について
第104回「毒」について
第105回「DHAとEPA」について
第106回「皮膚刺激性」について
第107回「ポリビニールアルコール(ポバール)」について
第108回「きのこ」について
第109回「布テープの粘着力要素(試料幅、圧着力等の違い等)」について
第110回「ポリマーアロイ」について
第111回「離型紙(りけいし)」について
第112回「エコマーク」について
第113回「濡(ぬ)れ性(せい)」について
第114回「乳酸菌」について
第115回「ウレタンジェル(耐震マット)」について
第116回「大理石(だいりせき)」について
第117回「ワクチン」とは何か
第118回「酵素(こうそ)」とは何か
第119回「粘弾性(ねんだんせい);レオロジー」とは何か
株式会社KTR YouTubeチャンネル

KTRニュース配信お申込み

KTRニュースは、ご希望の方に月一回程度配信させて頂いているサービスです。
KTRニュースは無料です。

お名前とメールアドレスをご入力後、配信希望をクリックして下さい。

お名前
メールアドレス
 

直接メールでも受け付けております。
メール送り先 
(メールソフトが立ち上がりますので、そのままお送り下さい。なお、必ずお名前を併せてご連絡下さいませ。)

個人情報保護

株式会社KTRでは、お問い合せなどでご提供して頂きましたお客様の個人情報を厳密に保管管理し、 弊社の業務遂行に必要な最小限の利用以外の目的には一切使用致しません。

第117回目

第117回「ワクチン」とは何か

今回はワクチンについて書きたいと思います。
今問題になっている、ウイルスなどに対する防御のワクチンです。
ウイルス等の感染症(かんせんしょう)の免疫効果(めんえきこうか)を高める物です。

(1) ワクチンとは

ワクチン(Vaccine)は、感染症の予防に用いられる医薬品のことです。
体内に侵入した病原体に、打ち勝つための抗体(こうたい)生産を促し、感染症に対する免疫(めんえき)を獲得します。
抗体の主な成分は血液やリンパ液内の白血球などです。
  (注)抗体(こうたい);病原体を殺すもの
  (注)免疫(めんえき);病原体を殺す働き

 

(2) 感染症(かんせんしょう)

病気には色んな種類がありますが、長年人類を苦しめてきた病気には感染症があります。
有史以前から近代までヒトの病気の大部分を占めてきました。
医学の歴史は感染症の歴史に始まったと言っても過言ではないそうです。
感染症の原因は、寄生虫、細菌、真菌(しんきん)、ウイルス、異常プリオン等です。
病原体の感染により、宿主に生じる望ましくない反応(病気)が感染症です。
1929年に、初の抗生物質であるペニシリンが発明されるまで根本的な治療法はありませんでした。

 

(3) 免疫(めんえき)

私たちの体は、常にウイルスや細菌などと言った病原体の侵入の危険にさらされています。
呼吸時に鼻から入ったり、皮膚にある小さな傷口から侵入することもあります。
病原体から体を守るために備わっている仕組みを免疫(めんえき)と呼びます

 

(4) ワクチンの歴史

ワクチンの歴史を説明すると、次の二人の働きから始まります。
1人は18世紀末、一度罹患(りかん)したら再び罹患しない事実からジェンナーが天然痘のワクチンを発見します。
これは有名なはなしです。
その後パスツールがワクチンの弱毒化を発見しました。
このことによりワクチンの有効性が認められるようになりました。

 

(5) ワクチンの種類

ワクチンは、病気ごとに種類の違うワクチンが必要です。
何種類か代表的なワクチンを書いておきます。
  ・ポリオワクチン
  ・風疹(ふうしん)ワクチン
  ・インフルエンザワクチン
  ・狂犬病ワクチン
  ・コレラワクチン
  ・腸チフスワクチン

 

(6) ワクチンの分類

ワクチンの中でもいろいろと性格の違うものがあります。
ワクチンの作用(副作用)を弱めるために、いろいろなものがあります。

・生ワクチン(なまワクチン)
生きた細菌やウイルスの毒性を弱めたものです。
これを接種することで、その病気にかかった場合と同じように免疫(めんえき)ができます。

・不活性ワクチン
細菌やウイルスから免疫を作るのに必要な成分を取り出して毒性を無くして作ったものです。
ワクチンごとに決められた回数を接種することによって免疫ができます。

・トキソイド
細菌が生産する毒素を取り出して無毒化したものです。
あらかじめ毒素に対する免疫をつけておくことで、細菌に感染した時に細菌が生産する毒素によって発病を抑えます。

 

(7) まとめ

ワクチンは江戸時代の初期に発見されたものだそうです。
以前からなんとなく効果があると知られていました。
人体の体の仕組みは非常に複雑で、上手くできています。
これからも病気との闘いは続いて行きそうです。

このKTRニュースは皆さんに役立つように発行しています。
自由にリンクしていただいて活用してください。

KTR youtube

 YouTubeで一部のKTRニュースの動画配信中!  株式会社KTRのYouTubeページ

お問合せ、相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

KTRへのお電話はコチラから KTRへのメールでのお問い合わせはコチラから KTRへのお問い合わせはコチラから

バックナンバー

Copyright (c) KTR Corporation. All Right Reserved.