梶テストリサーチ
株式会社KTRでは、品質試験・性能評価以外にも、
エコマークの申請・モニター・耐久試験等、開発業務支援も行っています。

粘着試験などの品質試験・性能評価などのお問い合わせはコチラから

トップKTRニュース第81回「in vitro(イン・ビトロ)とin vivo(イン・ビボ)」について

KTRニュース

株式会社KTRへのご依頼・お問合わせは、TEL:072-997-3471
メール ktr@office.zaq.jp でも受け付けております。

過去配信済みのKTRニュース

(1) 化学物質の安全性クリックで開閉します24ニュース掲載中!
(2) 粘着剤関係クリックで開閉します13ニュース掲載中!
(3) 分析関係クリックで開閉します12ニュース掲載中!
(4) プラスチッククリックで開閉します18ニュース掲載中!
(5) 商品試験クリックで開閉します28ニュース掲載中!
(6) 化学物質の法律クリックで開閉します11ニュース掲載中!
(7) 商品の耐久性クリックで開閉します12ニュース掲載中!

KTRニュース動画

KTR youtube 株式会社KTRのYouTubeページ
チャンネル登録は↓こちらから

YouTubeで一部のKTRニュースの動画配信中!

youtube 最新回

youtube 最新回

youtube 動画配信リスト

第001回「LD50」について
第002回「ストレスクラック」について
第003回「促進試験」について
第004回「N(ニュートン)」について
第005回「製品の安全性(有害物質)」について
第012回「安全係数)」について
第013回「環境マネージメントシステム」について
第014回「アクリル」について
第016回「可塑剤」について
第017回「水と油はなぜ混ざらないのか」
第021回「プラスチックの見分け方(赤外分析)」について1」
第024回「ボールタック試験(粘着性の試験)」について
第026回「硬さ」について
第031回「かび」とは何か
第036回「CAS 番号(キャス バンゴウ)」について
第037回「粘着剤」について 1
第038回「界面活性剤(かいめんかっせいざい)」について
第056回「粘着テープ関係のJIS規格」について
第058回「ボールタック、粘着力、保持力の関係」について
第059回「プラスチックの見分け方(赤外分析)」について1」
第081回「in vitro(イン・ビトロ)とin vivo(イン・ビボ)」について
第083回「皮膚感作性」について
第098回「繊維製品の物性試験」について
第099回「繊維製品の染色堅牢度試験」について
第100回「防水・耐水・撥水」について
第102回「マイクロスコープ」について
第103回「粘着製品の老化試験」について
第104回「毒」について
第105回「DHAとEPA」について
第106回「皮膚刺激性」について
第107回「ポリビニールアルコール(ポバール)」について
第108回「きのこ」について
第109回「布テープの粘着力要素(試料幅、圧着力等の違い等)」について
第110回「ポリマーアロイ」について
第111回「離型紙(りけいし)」について
第112回「エコマーク」について
第113回「濡(ぬ)れ性(せい)」について
第114回「乳酸菌」について
第115回「ウレタンジェル(耐震マット)」について
第116回「大理石(だいりせき)」について
第117回「ワクチン」とは何か
第118回「酵素(こうそ)」とは何か
第119回「粘弾性(ねんだんせい);レオロジー」とは何か
株式会社KTR YouTubeチャンネル

KTRニュース配信お申込み

KTRニュースは、ご希望の方に月一回程度配信させて頂いているサービスです。
KTRニュースは無料です。

お名前とメールアドレスをご入力後、配信希望をクリックして下さい。

お名前
メールアドレス
 

直接メールでも受け付けております。
メール送り先 
(メールソフトが立ち上がりますので、そのままお送り下さい。なお、必ずお名前を併せてご連絡下さいませ。)

個人情報保護

株式会社KTRでは、お問い合せなどでご提供して頂きましたお客様の個人情報を厳密に保管管理し、 弊社の業務遂行に必要な最小限の利用以外の目的には一切使用致しません。

第81回目

第81回「in vitro(イン・ビトロ)とin vivo(イン・ビボ)」について

 

化学物質の安全性の確認のために、動物実験や一部人体実験が行われています。
しかし、被試験者を手配する人手や費用の関係でだんだん難しくなってきました。
そのために、動物や人を使わない方法が考えられてきました。
今回は聞きなれない言葉の、in vitro(イン・ビトロ)(動物や人を使わない方法)と
in vivo(イン・ビボ)(動物や人を使う方法)について説明します。

 

(1)<in vitro(イン・ビトロ)とin vivo(イン・ビボ)>

どちらもラテン語(注1)です。
有害物質の試験のときの言葉です。
有害物質の人体に対する有害性を調べるときに、今まではラットやモルモットなどの動物を使って試験をしていました。
皮膚に対しての有害性の場合は、人体を使っての試験も行っていました。
しかし、動物愛護や人体実験を減らす動きが出てきて動物実験がだんだんと難しくなってきました。
そのため、実際の皮膚に近いものでの実験が増えてきました。

(注1)ラテン語は古代ローマで広く普及した、古代言語。バチカンの公用語。
   ヨーロッパでは医学、哲学など、専門知識分野でつかわれています。

 

(2)<in vitro(イン・ビトロ)>

これは、試験管の中という意味です。
いわゆる人工的ということです。
人工的と言っても細胞を人工的に培養(ばいよう;注2)して、同じ条件で試験するということです。

試験管の中で、人や動物の組織を用いて、生体の体内と同様の環境を人工的に作って、薬物の反応や代謝を見る試験です。

(注2)培養(ばいよう)とは、細胞や組織の一部を人工的な環境下で育てることである。

 

(3)<in vitro(イン・ビトロ)>

安全確認の試験で、in vitro(イン・ビトロ)が増えてきています。
その理由として次のことがあります。

(1)経費の削減
   動物試験の場合は、当然試験動物が必要になります。
   その場合、無菌の動物が必要になります。
   動物を無菌で育てるのは、費用がかかります。

(2)時間の短縮
   無菌の動物をそろえるのに時間がかかります。
   試験をする場合は、3匹から5匹必要になります。
   同じ条件の動物を数匹そろえるのは時間がかかります。

(3)動物愛護
   動物を安全試験に使用するのは残酷である。
   ヨーロッパでは、動物愛護の意見がつよい。

(4)再現性が良い
   実験の再現性をあげるために、人工的に制御された環境が求められています。

以上の様な利点があるために、だんだんとin vitro(イン・ビトロ)が増えてきました。

 

 

(4)<in vitro(イン・ビトロ)での試験内容>

in vitro(イン・ビトロ)で行われている試験

1.細胞を用いた生物活性試験
2.皮膚腐食性試験
3.皮膚刺激性試験

この様な試験が行われています。

(5)<まとめ>

今回は、少し専門的な内容になりました。
今は、インターネットの普及でいろんな情報が手にはいるようになりました。
今まで関係がないと思われた内容も身近なものになってきています。

このKTRニュースは皆さんに役立つように発行しています。
自由にリンクしていただいて活用してください。

KTR youtube

 YouTubeで一部のKTRニュースの動画配信中!  株式会社KTRのYouTubeページ

お問合せ、相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

KTRへのお電話はコチラから KTRへのメールでのお問い合わせはコチラから KTRへのお問い合わせはコチラから

バックナンバー

Copyright (c) KTR Corporation. All Right Reserved.