梶テストリサーチ
株式会社KTRでは、品質試験・性能評価以外にも、
エコマークの申請・モニター・耐久試験等、開発業務支援も行っています。

粘着試験などの品質試験・性能評価などのお問い合わせはコチラから

トップKTRニュース第75回「粘着剤」について 2

KTRニュース

株式会社KTRへのご依頼・お問合わせは、TEL:072-997-3471
メール ktr@office.zaq.jp でも受け付けております。

過去配信済みのKTRニュース

(1) 化学物質の安全性クリックで開閉します24ニュース掲載中!
(2) 粘着剤関係クリックで開閉します13ニュース掲載中!
(3) 分析関係クリックで開閉します11ニュース掲載中!
(4) プラスチッククリックで開閉します18ニュース掲載中!
(5) 商品試験クリックで開閉します27ニュース掲載中!
(6) 化学物質の法律クリックで開閉します11ニュース掲載中!
(7) 商品の耐久性クリックで開閉します12ニュース掲載中!

KTRニュース動画

KTR youtube 株式会社KTRのYouTubeページ
YouTubeで一部のKTRニュースの動画配信中!

youtube 最新回

youtube 最新回

youtube 動画配信リスト

第001回「LD50」について
第003回「促進試験」について
第004回「N(ニュートン)」について
第005回「製品の安全性(有害物質)」について
第012回「安全係数)」について
第013回「環境マネージメントシステム」について
第024回「ボールタック試験(粘着性の試験)」について
第036回「CAS 番号(キャス バンゴウ)」について
第081回「in vitro(イン・ビトロ)とin vivo(イン・ビボ)」について
第083回「皮膚感作性」について
第098回「繊維製品の物性試験」について
第099回「繊維製品の染色堅牢度試験」について
第100回「防水・耐水・撥水」について
第102回「マイクロスコープ」について
第103回「粘着製品の老化試験」について
第104回「毒」について
第105回「DHAとEPA」について
第106回「皮膚刺激性」について
第107回「ポリビニールアルコール(ポバール)」について
第108回「きのこ」について
第109回「布テープの粘着力要素」について
第110回「ポリマーアロイ」について
第111回「離型紙(りけいし)」について
第112回「エコマーク」について
第113回「濡(ぬ)れ性(せい)」について
第114回「乳酸菌」について
第115回「ウレタンジェル(耐震マット)」について
第116回「大理石(だいりせき)」について
第117回「ワクチン」とは何か
株式会社KTR YouTubeチャンネル

KTRニュース配信お申込み

KTRニュースは、ご希望の方に月一回程度配信させて頂いているサービスです。
KTRニュースは無料です。

お名前とメールアドレスをご入力後、配信希望をクリックして下さい。

お名前
メールアドレス
 

直接メールでも受け付けております。
メール送り先 
(メールソフトが立ち上がりますので、そのままお送り下さい。なお、必ずお名前を併せてご連絡下さいませ。)

個人情報保護

株式会社KTRでは、お問い合せなどでご提供して頂きましたお客様の個人情報を厳密に保管管理し、 弊社の業務遂行に必要な最小限の利用以外の目的には一切使用致しません。

第75回目

第75回「粘着剤」について 2

 

今回は粘着剤について説明します。
粘着剤はネバネバとした,ガムテープなどに使われている物です。
スーパーなどに行くと、商品の値段などを書いたラベルが貼ってあります。
手軽に貼れて非常に便利な物です。
接着剤と粘着剤はよく似てますが、いつまでも硬くならないで、またはがせる物が粘着剤です。
粘着剤と接着剤という風に細かく分けているのは日本ぐらいです。
外国では、どちらも接着剤のなかにはいります。

 

(1)<粘着と接着の違い>

ガラスとガラスの間に水をたらすと、ガラス+水+ガラスと引っ付きます。
しかし、水は液体なのでガラスを左右に動かすことができます。
物と物がつくためには、物+接着剤(粘着剤)+物と言う風に接着剤(粘着剤)が物に引っ付く必要があります。
なぜ接着剤(粘着剤)が物に付くかと言いますと、貼る物と非常に接近して引力(いろんな力があります)が働くからです。
そのため、接着剤(粘着剤)は液体で、物+接着剤(粘着剤)+物 と密着しなければなりません。
そのために、接着剤(粘着剤)が物の表面に濡れなければなりません。


 

(2)<濡れ性(ぬれせい)>

粘着剤も接着剤も貼る相手に濡れることが必要です。
貼ろうとする物(被着体)に粘着剤(接着剤)を付けたとき、被着体に広がる必要があります。
濡れを簡単に確かめる方法として、被着体に粘着体(接着体)を落としてそれの形を見ます。
被着体との接触角が小さいほど、濡れ性が高いと言えます。
接触閣が大きいほど濡れ性が悪いことになります。

 

 

(3)<粘着剤と接着剤の力の差>

粘着剤と接着剤を被着材に貼りつけた時の、接着力の違いは下のようになります。
粘着剤は貼るとすぐに粘着力を発揮します。そのあとその力を維持します。
一方、接着剤は最初液体のため軽い力を発揮しますが、その後接着剤が硬化して接着力が高まります。

 

 

(4)<使われ方>
接着剤と違って、粘着剤は粘着剤その物だけを売ることはほとんどありません。
テープとかラベルとかにして売られるのが普通です。
いわゆる、シールなどは離型紙に貼られて売られるのが普通です。

 

(5)<粘着剤の種類>

(1)ゴム系
  ■天然ゴム系
  ■スチレン・ブタジエン系
  ■ポリイソブチレン系
  ■イソプレン系
  <特徴>
  被着体を選ばないで、なんでも引っ付く

(2)アクリル系
  アクリル酸エステル
  <特徴>
  ゴム系に比べて、耐熱性、耐老化性、透明性が
  すぐれている。

(3)シリコーン系
  <特徴>
  使用範囲が広い
  欠点は、価格が高い

 

(6)<粘着剤の特性>
粘着剤の特性として、粘着力、タック、保持力の3つの特性があります。
粘着力は総合力です。
タックは弱く引っ付けた場合の力で、一番弱い力です。
保持力は糊の凝集力に当たるもので、糊自身の強度です。

 

 

(7)<粘着力(ねんちゃくりょく)>
粘着剤の基本性能です。
JISではステンレス板にはり、180度剥離(はくり)します。
この力が強いほど粘着力が強いと言われます。
ステンレス板に貼るのが標準ですが、ガラス、樹脂板、陶器に貼って力を測る場合もあります。

 

 

(8)<ボールタック>
タックの性能を測るには、傾斜式ボールタック測定方法が一般的です。
30度に傾けた台に、1/32から32/32インチの直径の鋼球をころがし10cmの助走路をへて、10cmの間に止まるボールの大きさであらわします。
ボールの直径が大きいははど、タックは大きいといわれます。
しかし、粘着剤が軟らかく厚いほどボールタックの値は大きくなります。

 

 

(9)<保持力(ほじりょく)>
粘着面を25mm×25mmの大きさに切って、それをステンレス板に貼って、1kgの荷重をバラ下げて、何時間もつか見る物です。

 

 

(10)<まとめ>
粘着製品は広く使われています。今は冬なので貼りつけるカイロなどが使われています。
けがをしたときは、バンドエイドをはります。
医学の分野でも多く使われています。
湿布薬や注射した後の出血止めに使われています。
貼るだけなので手軽に使われます。
今の時代に有用なものです。

 

<参考文献>

  1. 粘着剤活用ノート
  2. 初歩から学ぶ粘着剤
  3. 接着・粘着の化学と応用
  4. 接着剤の実際知識
  5. 接着剤と接着技術入門
  6. 粘着製品の開発-環境対応と高機能化

このKTRニュースは皆さんに役立つように発行しています。
自由にリンクしていただいて活用してください。

KTR youtube

 YouTubeで一部のKTRニュースの動画配信中!  株式会社KTRのYouTubeページ

お問合せ、相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

KTRへのお電話はコチラから KTRへのメールでのお問い合わせはコチラから KTRへのお問い合わせはコチラから

バックナンバー

Copyright (c) KTR Corporation. All Right Reserved.