梶テストリサーチ
株式会社KTRでは、品質試験・性能評価以外にも、
エコマークの申請・モニター・耐久試験等、開発業務支援も行っています。

粘着試験などの品質試験・性能評価などのお問い合わせはコチラから

トップKTRニュース第76回「JIS(ジス)とはなにか」

KTRニュース

株式会社KTRへのご依頼・お問合わせは、TEL:072-997-3471
メール ktr@office.zaq.jp でも受け付けております。

過去配信済みのKTRニュース

(1) 化学物質の安全性クリックで開閉します24ニュース掲載中!
(2) 粘着剤関係クリックで開閉します13ニュース掲載中!
(3) 分析関係クリックで開閉します11ニュース掲載中!
(4) プラスチッククリックで開閉します18ニュース掲載中!
(5) 商品試験クリックで開閉します28ニュース掲載中!
(6) 化学物質の法律クリックで開閉します11ニュース掲載中!
(7) 商品の耐久性クリックで開閉します12ニュース掲載中!

KTRニュース動画

KTR youtube 株式会社KTRのYouTubeページ
チャンネル登録は↓こちらから

YouTubeで一部のKTRニュースの動画配信中!

youtube 最新回

youtube 最新回

youtube 動画配信リスト

第001回「LD50」について
第002回「ストレスクラック」について
第003回「促進試験」について
第004回「N(ニュートン)」について
第005回「製品の安全性(有害物質)」について
第012回「安全係数)」について
第013回「環境マネージメントシステム」について
第016回「可塑剤」について
第017回「水と油はなぜ混ざらないのか」
第024回「ボールタック試験(粘着性の試験)」について
第036回「CAS 番号(キャス バンゴウ)」について
第081回「in vitro(イン・ビトロ)とin vivo(イン・ビボ)」について
第083回「皮膚感作性」について
第098回「繊維製品の物性試験」について
第099回「繊維製品の染色堅牢度試験」について
第100回「防水・耐水・撥水」について
第102回「マイクロスコープ」について
第103回「粘着製品の老化試験」について
第104回「毒」について
第105回「DHAとEPA」について
第106回「皮膚刺激性」について
第107回「ポリビニールアルコール(ポバール)」について
第108回「きのこ」について
第109回「布テープの粘着力要素」について
第110回「ポリマーアロイ」について
第111回「離型紙(りけいし)」について
第112回「エコマーク」について
第113回「濡(ぬ)れ性(せい)」について
第114回「乳酸菌」について
第115回「ウレタンジェル(耐震マット)」について
第116回「大理石(だいりせき)」について
第117回「ワクチン」とは何か
第118回「酵素(こうそ)」とは何か
株式会社KTR YouTubeチャンネル

KTRニュース配信お申込み

KTRニュースは、ご希望の方に月一回程度配信させて頂いているサービスです。
KTRニュースは無料です。

お名前とメールアドレスをご入力後、配信希望をクリックして下さい。

お名前
メールアドレス
 

直接メールでも受け付けております。
メール送り先 
(メールソフトが立ち上がりますので、そのままお送り下さい。なお、必ずお名前を併せてご連絡下さいませ。)

個人情報保護

株式会社KTRでは、お問い合せなどでご提供して頂きましたお客様の個人情報を厳密に保管管理し、 弊社の業務遂行に必要な最小限の利用以外の目的には一切使用致しません。

第76回目

第76回「JIS(ジス)とはなにか」

 

今回は、JIS(ジス)について説明いたします。
JIS(Japanese Industrial Standards)の頭文字を取ったものです。
日本工業規格のことです。
今のJISは、1949年(昭和24年)に旧JISから新JISに変わりました。
日本の国家規格です。

 

(1)<国家規格のできたわけ>

1904年、アメリカの東部のボルチモア市で大きな火災が発生して1526棟が燃えて、約2兆円の損害を出したそうです。
ボルチモア市で火災が発生した時、周りの市から多くの消防団が駆け着けた。ワシントン市、フィラデルフィア市、ハウスバーグ市などから消火に来たが、火事はけせなかった。
なぜかと言えば、各市から来た消防団のホースの口とボルチモア市の消火栓の口の規格が合っていなかったためにホースがつなげず、消火活動ができなかったためである。


 

(2)<JISの内容>

JISは、農産物を除く鉱工業製品に関する技術的内容を対象に制定されている物です。
JISには、製品の品質、性能、寸法、試験、検査などについて規定する「製品規格」と測定方法や試験方法などを規定する「方法規格」と用語、記号、単位を規定する「基本規格」の3つがあります。

 

(3)<JISの分類>

JISはどのように分類されているのでしょうか
JISは、分野ごとに頭にアルファベットでA~Zまで分類されてます。
ただし、I,J,N,O,U,V,Yはありません。
文具関係はSで日用品になります。
また電気関係はCです。Dは自動車です。Zはその他になります。
分類ごとの規格数は次のようになります。

記号 分野 規格数
A 土木・建築 568
B 一般機械 1,630
C 電子・電気 1,498
D 自動車 370
E 鉄道 146
F 船舶 397
G 鉄鋼 407
H 非鉄金属 406
K 化学 1,754
L 繊維 221
M 鉱山 163
P パルプ 72
Q 管理システム 65
R 窯業 355
S 日用品 181
T 衣糧安全用具 467
W 航空 97
X 情報処理 553
Z その他 822
(合計) 10,172

 

(4)<JIS規格票とはどんなものでしょうか>

A4の大きさで、表紙にJIS番号と表題が書いてます。

 

(5)<JIS規格票の費用>

JIS規格票の値段いくらぐらいするのでしょうか。
規格票の中身によりますが、数ページの物は数百円です。
厚いものは数百ページあり、数千円します。
JISは基本的には日本語で書かれています。しかし数は少ないですが、英語版もあります。
英語版は翻訳料がかかるため、値段がかなり高くなります。

 

(6)<JISはどこで見れますか>

JISは大きな本屋に一部おいています。
JISは非常に規格数が大きいため公立の研究機関(大阪市立研究所)の図書室に行けばみれます。
図書の棚にづらりと並んでいます。
AからZまでおいています。全部で10000冊以上もあります。

 

(7)<どこで購入できますか>

日本規格協会に行けば、購入することができます。全国に本部と5支部あります。
大阪には関西支部があります。御堂筋線の本町駅の下りたところです。
費用を払えば、すぐに購入することができます。
それ以外に、JISハンドブックと言う物があります。
37冊分野ごとに合本になっています。
分野ごとなので、プラスチック、接着、紙・パルプと言う風になっています。

 

(8)<インターネットで見る>

つぎのホームページでみれます。

  1. 日本工業標準調査会(JISC)
    http://www.jisc.go.jp/

  2. 日本規格協会
    http://www.jsa.or.jp/

このホームアドレスで見ることができます。

 

(9)<JIS総目録>

大きな本屋においています。
結構高くて、5000円以上します。
JIS総目録は、毎年発行されます。
内容は、規格番号、JISの表題、値段などが書いてあります。
後ろには表題の索引がついています。

 

(10)<JISハンドブック>

個別のJIS表を見るのではなく、分野ごとにまとめたJISハンドブックで見ることができます。
分野別、産業別にJISを収録しています。
全部で37冊あります。
これも全部そろえるのは大変です。

 

(11)<海外と国際規格>

  1. アメリカ材料試験協会規格 
       ASTM(American Society for Testing and Materials)

  2. イギリス国家規格 
       BS(Britsh Standards Institute)

  3. ドイツ連邦規格
       DIN(Deutsches Institut fur Normung)

  4. 国際標準化機構 
       ISO(Internationl Organization for Standardization)

 

(12)<まとめ>
JISの全体について書いてきました。
国の標準化の基本にあるものです。
実際JIS票を見て試験をすることが多いのですが、JIS票はかなり読みにくいです。
JIS票を今までに何回か読んで、内容を理解していないと中身が分かりにくいです。
最近のJIS票には解説がついているものが多いです。

 

このKTRニュースは皆さんに役立つように発行しています。
自由にリンクしていただいて活用してください。

KTR youtube

 YouTubeで一部のKTRニュースの動画配信中!  株式会社KTRのYouTubeページ

お問合せ、相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

KTRへのお電話はコチラから KTRへのメールでのお問い合わせはコチラから KTRへのお問い合わせはコチラから

バックナンバー

Copyright (c) KTR Corporation. All Right Reserved.