梶テストリサーチ
株式会社KTRでは、品質試験・性能評価以外にも、
エコマークの申請・モニター・耐久試験等、開発業務支援も行っています。

粘着試験などの品質試験・性能評価などのお問い合わせはコチラから

トップKTRニュース第59回「プラスチックの見分け方(赤外分析)」について2

KTRニュース

株式会社KTRへのご依頼・お問合わせは、TEL:072-997-3471
メール ktr@office.zaq.jp でも受け付けております。

過去配信済みのKTRニュース

(1) 化学物質の安全性クリックで開閉します24ニュース掲載中!
(2) 粘着剤関係クリックで開閉します13ニュース掲載中!
(3) 分析関係クリックで開閉します11ニュース掲載中!
(4) プラスチッククリックで開閉します18ニュース掲載中!
(5) 商品試験クリックで開閉します28ニュース掲載中!
(6) 化学物質の法律クリックで開閉します11ニュース掲載中!
(7) 商品の耐久性クリックで開閉します12ニュース掲載中!

KTRニュース動画

KTR youtube 株式会社KTRのYouTubeページ
チャンネル登録は↓こちらから

YouTubeで一部のKTRニュースの動画配信中!

youtube 最新回

youtube 最新回

youtube 動画配信リスト

第001回「LD50」について
第002回「ストレスクラック」について
第003回「促進試験」について
第004回「N(ニュートン)」について
第005回「製品の安全性(有害物質)」について
第012回「安全係数)」について
第013回「環境マネージメントシステム」について
第016回「可塑剤」について
第017回「水と油はなぜ混ざらないのか」
第024回「ボールタック試験(粘着性の試験)」について
第036回「CAS 番号(キャス バンゴウ)」について
第081回「in vitro(イン・ビトロ)とin vivo(イン・ビボ)」について
第083回「皮膚感作性」について
第098回「繊維製品の物性試験」について
第099回「繊維製品の染色堅牢度試験」について
第100回「防水・耐水・撥水」について
第102回「マイクロスコープ」について
第103回「粘着製品の老化試験」について
第104回「毒」について
第105回「DHAとEPA」について
第106回「皮膚刺激性」について
第107回「ポリビニールアルコール(ポバール)」について
第108回「きのこ」について
第109回「布テープの粘着力要素」について
第110回「ポリマーアロイ」について
第111回「離型紙(りけいし)」について
第112回「エコマーク」について
第113回「濡(ぬ)れ性(せい)」について
第114回「乳酸菌」について
第115回「ウレタンジェル(耐震マット)」について
第116回「大理石(だいりせき)」について
第117回「ワクチン」とは何か
第118回「酵素(こうそ)」とは何か
株式会社KTR YouTubeチャンネル

KTRニュース配信お申込み

KTRニュースは、ご希望の方に月一回程度配信させて頂いているサービスです。
KTRニュースは無料です。

お名前とメールアドレスをご入力後、配信希望をクリックして下さい。

お名前
メールアドレス
 

直接メールでも受け付けております。
メール送り先 
(メールソフトが立ち上がりますので、そのままお送り下さい。なお、必ずお名前を併せてご連絡下さいませ。)

個人情報保護

株式会社KTRでは、お問い合せなどでご提供して頂きましたお客様の個人情報を厳密に保管管理し、 弊社の業務遂行に必要な最小限の利用以外の目的には一切使用致しません。

第59回目

第59回「プラスチックの見分け方(赤外分析)」について2

 

 

赤外分析とは赤外線を物質に照射して、物質が吸収した赤外線の周波数(エネルギー)から物質の構造を決めるものです。
赤外線は電気こたつで使われている物と同じです。いわゆる熱線と言われています。
赤外線が物に当たると、それが物に吸収されて熱に変わります。
赤外線は赤の外の線と書かれるように、可視光線(人間が目で見える光)より低いエネルギーです。
赤外線は英語では(infrared:インフラレッド)と言われます。
赤の次と言う意味です。略してIR(アイアール)と呼ばれることが多いです。

(1)<赤外線のエネルギーの表し方>
赤外分析の時のエネルギーの表しかたは1cm当たりのいくつの波があるかで表します。
波の数が多いほどエネルギーが高くなります。
赤外線の場合は1cm当たりの波の数で表しますが、それより波の数の多い(エネルギーが高い)場合は可視光線になります。
可視光線(目に見える光)や紫外線(可視光線よりさらにエネルギー高い)は1cm当たりの波の数でなく、波長で表します。(波の長さで表します。:通常nm(ナノメーター)で表します。

(2)<プラスチックの赤外チャート図>
次に代表的な5つのプラスチックの赤外分析結果のチャート(図)を表します。
これはあくまで弊社がサンプルを購入して測定したものです。
測定機やサンプルそして測定方法によってチャートが変化する場合があります。
あくまで参考チャートとして見てください。
今回測定しました代表的なプラスチックは次の5つです。

  1. ペット樹脂(ポリエチレンテレフタレート樹脂)
  2. PP樹脂(プロピレン樹脂)
  3. 塩ビ樹脂(塩化ビニル樹脂)
  4. PE樹脂(ポリエチレン樹脂)
  5. アクリル樹脂(メタアクリル樹脂)

このチャート(図)の見かたですが、横軸はcm-1(カイザーと読みます)で1cm当たりの光の周波数を表しています。周波数は波の数でこの数字が大きいほエネルギーが高くなります。
赤外線は4000cm-1(カイザー)から400cm-1(カイザー)の間です。
4000cm-1(カイザー)は赤い色(可視光線:目に見えるひかり)の隣です。
4000cm-1(カイザー)はエネルギーが高いので、分子の中の原子同士の距離の伸び縮みを起こします。


1. ペット樹脂(ポリエチレンテレフタレート樹脂)
  チャート図はクリックで拡大表示


2. PP樹脂(プロピレン樹脂)
  チャート図はクリックで拡大表示


3. 塩ビ樹脂(塩化ビニル樹脂)
  チャート図はクリックで拡大表示


4. PE樹脂(ポリエチレン樹脂)
  チャート図はクリックで拡大表示


5. アクリル樹脂(メタアクリル樹脂)
  チャート図はクリックで拡大表示

 

(3)<ポリエチレンの赤外チャートの見方>
縦軸は赤外線の透過率を表します。下にさがっているところは、赤外線の中のその場所のカイザー(波長)に相当するエネルギーを吸収したことを表しています。
その吸収エネルギーからそれを吸収する物がその測定物の中にあることがわかります。
例として 4. PE(ポリエチレン) を見ますと左側より

2916.1、50.0    
2848.4、55.1    
1463.1、81.3    
729.8、83.7    
719.1、78.3    
445.5、97.4    
426.1、97.4    
 
と書いてあります。これは次のことを表しています。
   
エネルギーの場所 透過率%
図での表示 カイザー(cm-1)
2916.1、50.0 2916.1 50.0
2848.4、55.1 2848.4 55.1
1463.1、81.3 1463.1 81.3
729.8、83.7 729.8 83.7
719.1、78.3 719.1 78.3
445.5、97.4 455.5 97.4
426.1、97.4 426.1 97.4
     
このエネルギーの位置と、透過率より、どのような原子の結合かがわかります。
そして、それらの波形より総合して、測定したプラスチックシートが何かが特定できます。
通常は代表的なプラスチックのチャート(図)がすでにあり、それと比較してどんなプラスチックかを判定します。

(4)<官能基団名>
赤外線分析で分かることは、測定しようとしている物質(有機物)の分子の中の構成要素の官能基(かんのうき)が分かることです。
主だった官能基団の分子式と名前を挙げてみます。
この官能基を分子中に含むと、それの特有のカイザーの所に吸収がでます。
したがって、その吸収がでればその原子団を含むと考えられます。

(分子式)   (呼び名)
NH2ー   イミド
NH2-   アミド
CH3-   メチル
CH3CH2-   エチル
CH2=CH-   ビニル
C6H5-   フェニル
CH3-   メトキシ
ーCOOH   カルボキシ
H2N-   アミノ
ーNO2   ニトロ
ーN=N-   アゾ

(5)<赤外分析の長所>
調べようとする物質が気体、液体、固体のどの状態でも分析が可能です。
と言うことはなんでも分析することが出来ます。
ただ、赤外分析は赤外線を当てて吸収する波長を調べるものですので、赤外線を吸収しない物は調べることはできません。
赤外線はエネルギーのレベルが非常に低いので、有機物で共有結合の振動や回転ぐらいに相当するエネルギーです。
したがって、金属のような金属結合や無機物のイオン結合は結合エネルギーが高すぎて赤外線ぐらいのエネルギーでは調べることができません。
金属の場合はもっとエネルギーの高い蛍光X線分析で調べることになります。

(6)<赤外線分析の欠点>
赤外線分析は有機物の分析、特にプラスチックの分析に適していると言いましたが、プラスチックの場合い主成分の樹脂以外にいろんな添加物が混ざっています。
また、着色している場合は顔料や染料が混ざっています。
赤外分析を行うとこれらのピークも出てきます。
また、黒色は分析が難しいです。

(7)<実際の分析の難しさ>
1つの分子の中でもいろんな原子が結びついて出来ています。そうしますとその原子ごとに色んな吸収が出てきまして、ピークの数が相当多くなります。
そして分析する物質には共通する原子や官能基が多く入っている場合もあります。
したがって、赤外分析のチャートは複雑になり元の分子式を想像するのが難しくなります。

(8)<まとめ>
最近の赤外分析機はコンピュータ化が進んで、測定は簡単になってきました。
また、測定した結果の赤外チャートもコンピュータでその波形と近い物を自動的に探してきて、表示してくれるようになってきました。
しかし、測定条件(サンプルの状態、厚さ、添加物、測定機の種類等)でチャートの形で変わるので最後は人が見て判断をする必要があります。
従って、赤外分析はそれを判断する人の能力が必要になります。
ただ、いつも同じ機械で同じ条件で測定する場合は、それが以前測定した物と同じものかを判断するのは比較的簡単にできるようになってきました。

<御参考>
弊社ではプラスチックフイルムの赤外線分析のご依頼を御受けしております。
費用は1試料1万円。納期は約1週間です。
ただし、添加物の多い物、色が黒い物、貼り合わせている物(ラミネート)は測れない場合があります。
フイルムの材質の特定が出来ない場合は費用はかかりません。
ご依頼をよろしくお願いいたします。

 

「プラスチックの見分け方(赤外分析)」について1 はこちら

このKTRニュースは皆さんに役立つように発行しています。
自由にリンクしていただいて活用してください。

KTR youtube

 YouTubeで一部のKTRニュースの動画配信中!  株式会社KTRのYouTubeページ

お問合せ、相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

KTRへのお電話はコチラから KTRへのメールでのお問い合わせはコチラから KTRへのお問い合わせはコチラから

バックナンバー

Copyright (c) KTR Corporation. All Right Reserved.